消費者の「最大多数の最大幸福」をめざして


わたしたち、「消費者のみらいを考える会」は今日の多様な消費者の声を発信し、消費者の「最大多数の最大幸福」の実現を目指します。

お知らせ


 

サポーター募集


消費者のみらいを考える会では、当会が実施するアンケート、調査にご協力いただけるサポーターを募集しております。

サポーターにご登録いただける方は、以下のボタンより募集フォームにアクセスの上、必要事項をご入力お願いいたします。

ごあいさつ


三谷英弘
代表理事 三谷 英弘

代表理事からのごあいさつ

事業内容


1. 消費者動向の収集、分析

2. 政策提言および広報啓発

3. 消費者の育成支援       

当会について


一般社団法人消費者のみらいを考える会についてご案内いたします。


ブログ


パッケージツアーの選び方  旅行業法における営業保証金制度と弁済業務保証金制度

飛行機のチケットやホテルなどがパッケージされた海外ツアー、ご利用になったことがある方も多いのではないでしょうか。こうした企画型海外ツアーは、インターネットで検索すれば、様々な会社の多数のプランが表示され、金額や宿泊するホテル、オプションなどの内容を幅広く比較することができるため、とても便利ですし、自分でホテル等の手続きをするよりも安全だというイメージも浸透しているのではないでしょうか。

続きを読む

民法の成年年齢引下げ改正案の見送り

3月1日、政府は、成年年齢を18歳に引き下げるとする民法の改正案の今国会への提出を、見送る方針を固めたと発表しました。民法の「成年年齢の引下げ」については、新たに成年となる18歳、19歳の消費者被害が増加するといった懸念があがっており、2016年9月、消費者委員会は「成年年齢引下げ対応検討ワーキング・グループ」を設置、報告書をまとめました。

続きを読む

特定保健用食品の景品表示法違反

 2月14日、消費者庁は、サプリメントの通信販売を営む健康食品会社に対し、景品表示法違反に当たるとして、再発防止策を求める措置命令を出しました。今後、課徴金については調査を続けるとしています。 
  

◆トクホ許可後の品質管理怠る 景表法違反で措置命令(朝日新聞デジタル)
http://www.asahi.com/articles/ASK2G4S46K2GUTIL02Q.html

 

 

続きを読む

ご寄付のお願い


消費者のみらいを考える会では、消費者の「最大多数の最大幸福」の実現を目指し、 消費者の動向の収集、分析、行政、事業者、関係団体への提言、自立した消費者の育成などに取り組んでまいります。 

これらの活動のための資金として、皆様からのご寄付、ご支援をお願いいたします。